環境保全への取り組み | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

環境保全への取り組み

文字の大きさ


3R
環境に対する配慮、限りある地球資源に対する配慮は人類として当然の責務であり、『環境の世紀』『循環型社会』を迎えた今日、地域・分野・職種を問わず最優先で取組むべきテーマであるといえるのではないでしょうか。
そこで、クリーニング業は国民の消費生活に直結しており、また溶剤等を使用する業種であるが故に、業界が顧客と共に環境への配慮ある行動を積極的に実践していく「エコロジカル・クリーンライフ」を提唱しております。

エコロジカル・クリーンライフとは

クリーニング業界はこれまで、顧客の大切な衣類に再生・加工サービスを施すことを通じて、清潔で美しいゆとりある快適な生活の提供に貢献できるよう『クリーンライフ思想』を提唱してまいりました。
そして、この従来の姿勢に「環境への配慮」、すなわちエコロジカルな視点・発想を加えた考え方を『エコロジカル・クリーンライフ』とし、クリーニングサービスとして提供しているポリ包装、ハンガー類の3R(省資源化・再利用・再商品化)の推進を通じて家庭から排出されるゴミの減量化に貢献し、循環型社会形成の一翼を担う取り組みに着手しております。
そして可能な限り、”クリーニング店からゴミとなるものを家庭に持ち込まない”ことを究極の目標に活動しております。

参考:
  >> 3R政策(経済産業省)

クリーニング業における3Rの取組み
クリーニング業は、”汚れて着れなくなった衣類を再び着れるように綺麗にする”ことをサービスとし、少しでも長く衣類を楽しんで頂くことを目的としております。つまり、衣類のリユース(再利用)を生業としております。 また、その他にも組合では、様々な省資源化の取組みを推進しております。


クリーニング業とリデュース(発生抑制)


マイバッグをご利用ください

cl_bag_mini.jpg
当組合では、マイバック(エコバック)の利用を組合加盟店を通して推奨しております。
この活動は、お客様がクリーニングサービスをご利用になり、商品を受け取る際に発生するお持ち帰り袋を削減し、省資源化に努めることを目的としております。
現在マイバックは、組合加盟店の多くで利用されており、お客様からも大変ご好評を頂いております。

クリーニング業とリユース(再利用)

ドライクリーニング溶剤は洗浄後フィルターを通して再利用しています
水洗いの場合は、汚れと一緒に洗剤をその都度排水しておりますが、ドライクリーニングは通常フィルターを通して溶剤を再生浄化しながら洗い、洗浄後直ぐに廃棄することはありません。 現在ドライクリーニング用洗濯機のほとんどが、この仕組みを取り入れております。
プラスチックハンガーの再利用化
クリーニング業界では現在、大きく分けて針金とプラスチックの2種類のハンガーを使用しています。 このうち針金製に関しては、ほとんどがクリーニング店には回収されず、家庭で一定期間使用後にゴミとして廃棄されるケースが多く、たとえクリーニング店に回収されたものもリユース(再利用)は困難なため、産業廃棄物として処理されております。
一方のプラスチックハンガーについては、一度使用したものを回収し、状態の良いハンガーのみを 厳しく選別した後、洗浄し再利用することが可能で、組合加盟店でも多くのお店が自主的に再利用活動を行なっております。

クリーニング業とリサイクル(再製品化)

組合では、組合店に対してリサイクルハンガーを斡旋販売しています
当組合では省資源化の一環としてハンガーリサイクル業者と提携し、針金ハンガーではなくリサイクル可能なプラスチックハンガーを積極的に組合加盟店へ斡旋販売しております。 また、店頭で回収されたハンガーの中で、再利用が出来ないハンガーは回収し再製品化される仕組みを構築することで、限りある資源を有効利用しゴミの削減に努めております。
ちなみに、回収されたプラスチックハンガーは破砕処理し、再生原料として使用し再製品化させます。
ポリ包装資材自主回収システムの構築を目指しております
現在当組合では、クリーニングに使用されるポリ包装資材やお渡し袋を回収し再製品化するシステム構築に取り組んでおります。

※ポリ包装は、お客様が運搬時にクリーニングした衣類等が汚れないようにするためのものであり、家庭にあるクローゼットなどでの保管には適応しておらず、万が一ポリ包装に入れたまま保管した場合、変色等が起こる恐れがありますので、絶対にポリ包装から衣服を取り出し保管するようにして下さい。