カーテンのトラブルについて | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

カーテンのトラブルについて

文字の大きさ


carten_5.jpg
カーテンは、なかなか洗う頻度が少ないアイテムで、新築時のオーダーカーテンを洗わずに10年以上経過している…なんて場合もあるのではないでしょうか?しかし、カーテンも衣類同様汚れます。また、その汚れ具合は、かなり蓄積していることが考えられます。
このページでは、カーテンのメンテナンスについてご紹介します。

よくあるトラブル

カーテンの持つ機能は様々あります。インテリアデザインとしての機能から、遮光・遮熱・保温・防音、そして視線を遮るといった機能など、生活に欠かせないアイテムと言えます。

しかし、カーテンは衣服と違い保管をして利用するというものではなく、常に日光にさらされるなど、想像以上に酷使するアイテムといえます。そこで、カーテンのトラブルで代表的な事例を挙げてみます。


carten_2.JPG

carten_4.JPG
ブラックライトを当てると日光が当たっていた部分に蛍光が生じています。日光が当たりにくい室内側に出っ張っているひだ部分などに蛍光は生じていません


非常に多い事例!紫外線による影響

carten_1.JPG
カーテンも衣服同様日光が放出する紫外線からの影響を特に受けやすく、生地の色が変色したり繊維が劣化して破れてしまったりなどすることがあります。
その他、蛍光加工した白物やナイロン繊維では紫外線で黄変し易いです。

摩擦による影響
カーテンは摩擦により、毛羽立ち、擦り切れしやすく、濃い色のカーテンでは同じく摩擦や擦れにより白化しやすいです。
シミ
雨の吹き込みなどがあると付着汚れが繊維内部にしみ込んでしまい、シミになることがあります。
遮光カーテン等コーティングの劣化に注意


遮光のために、様々な加工がありますが、例えば裏面にコーティング加工されたポリウレタン樹脂が経時劣化を起こし、ベタツキや剥がれが生じる場合もあります。

寸法変化のリスク
カーテンはオーダー品など買い替えがなかなか効かないものや、素材やデザインも様々なものがあります。そのような特殊な品物ではありますが、それ故にクリーニングを行う際に、状況によっては「汚れ落ち」を優先させるか?または「品質の維持」を優先させるか?の判断を迫られることがあります。

例えばどちらかというと「汚れ落ち」を優先するとなると、ドライクリーニングだけでなく機械力をかけて水洗いによるクリーニングをしなければならない場合もあります。しかし、同時に生地の寸法変化を引き起こすリスクもあります。そのあたりをしっかり理解しておくようにしておきましょう。

メンテナンス方法

最近では、カーテンでも家庭で洗濯するケースもありますが、カーテンは水を含むととても重くなります。そのようなことから、根本的に重労働になる覚悟をしておく必要があります。 また、商品によってはドライクリーニングにしか認めない場合もあるので、そのような場合はクリーニング店へお願いするようにしましょう。
重くて大きい品物は、自宅まで引き取りに来てくれることも
特に個人のクリーニング店では、お店による受付以外に車などでクリーニング品を集配しているお店が多いです。 そのようなことから、まずはお店に問い合わせをし「カーテンをクリーニングしたいのだが、引き取りに来てもらえるか?」と尋ねてみましょう。
このページのキーワード。クリックして関連情報をチェック!
コーティング , ポリウレタン , 紫外線