冬物をクリーニングに出す前に… | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

冬物をクリーニングに出す前に…

文字の大きさ


冬服は夏服と異なり、なかなか毎回お洗濯されないことが多かったと思います。また、コートなどシーズン中一度もお洗濯されずに着ていたなんてことも!?
このページでは、冬服をクリーニングにお願いする前に行って頂きたい、注意点を紹介します。


衣替えの時しか出してませんか?冬服。

本来、衣服は着用する度に汚れが付着しており、その都度お洗濯をするべきですが、冬服の多くは家庭洗濯が難しかったり、見た目では汚れていないばかりか匂いもないものも多く、シーズン中に1度も洗わず、衣替えの時だけ洗うという方もいらっしゃるようです。

しかし、当然コートなど、ほぼ毎日使用していた衣服になると、汚れはたっぷり蓄積しています。。また、衣服がかなり疲労しています。となると、衣服は何処かしら変化が起きているものです。

クリーニング前の状態に対する認識の違いがトラブルのもと!

冬服に限らず、クリーニングにお願いする前に衣服をしっかりチェックしていますか?
「クリーニング屋さんがセールだから、早く出さなきゃ!」「今日のうちに息子の分もまとめて出しに行こう!」といったように、慌ててクローゼット内の衣服を掻き集めて袋に入れ、そのままお店に持ち込む方が意外に多いようです。
その結果、後々思いもしないトラブルになることが、非常に多いのも意外に知られていません。
そこで少なくとも、以下のポイントをチェックしてからクリーニング店にお持ち下さい。

□ポケットの中身は全て取り出しましたか?
□破れている所や糸がほつれている所はないですか?
□シミ・汚れ・傷はないですか?
□付属品に壊れているものや取れかかっているものはないですか?

ポイント1:ポケットをチェック!!

komono.gif
お客様からクリーニングする品物をお預かりすると、ポケット掃除の工程などの段階で、衣服の中から様々な物が出てきます。ハンカチ、ライター、ボールペン、ティッシュ、飴、ガムのゴミ、メモ、お名刺など…。
ポケットチェックはクリーニングにお願いする前の最低限のエチケットです。

ポイント2:破れやほつれのチェック!!

見落とし注意!

■破れ

yabure.jpg
脇や股下など関節部分は、着用時において必然的に摩擦が起き易く、気付かないうちに破れている場合があります。またコートやジャケットの裏地も、急いで着たり脱いだりする拍子に、ビリっと破けている場合もあります。

■ほつれ

hoture.jpg
ズボンの裾や縫い目など、気付かないうちに糸がほつれてしまっている場合があります。よく確認しておきましょう。

ポイント3:シミや汚れ、傷をチェック!!

シミや汚れや傷も無意識に衣服についてしまっている場合が多いです。衣服全体をよーく確認し、外側だけでなく内側も確認しておきましょう。
また、シミや汚れを発見したら、クリーニング屋さんの店員へ「何の汚れか?」「いつついたのか?」など、分かる範囲でも良いので具体的に伝えておきましょう。

ポイント4:付属品が壊れていないか、取れかかっていないかチェック!!

bottan.jpg
ボタンが割れていたり、ファスナーが壊れていたりなどは、事前に店員へ伝えておきましょう。
また、取れかかったボタンなども必ず、事前にご自分でしっかり取り付けておくか、外しておきましょう。時間がない場合は、店員へ取れかかっていることだけでも伝えておきましょう。
特に特殊なボタンやベルトなど、メーカーでも既に在庫を廃棄してしまっている場合が意外に多い為、入手困難になるケースがあります。万が一の場合も考えて、付属品に対しての意識も高く持ちましょう。


このページのキーワード。クリックして関連情報をチェック!
トラブル