ホームクリーニングのリスクについて | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

ホームクリーニングのリスクについて

文字の大きさ


近年、「ホームクリーニング」という言葉をCMや雑誌などでよく見聞きするようになりました。意味するところは「本来、家で洗い難いものを洗ってしまおう」というイメージでしょうか。
しかし、ホームクリーニングは成功する人もいれば失敗する人もいます。このページでは、「ホームクリーニング」について解説します。

クリーニング代の節約のつもりが…

homecleaningmiss.gif
現代社会はひと昔前とは異なり、様々なサービスが生まれ、消費されています。
つまり、家計をやりくりする中で何にお金を費やすのか?の優先度は時代やライフスタイルにより変化することがあります。その流れの中でクリーニング代の節約は従来より注目され、家庭用洗剤や家庭洗たく機の高機能化が進み、いわゆる「ホームクリーニング」にチャレンジする人が増えているようです。

ところが、失敗してしまい修復してもらおうと様々なクリーニング店に駆け込む方も後を絶ちません。
つまり、ホームクリーニングは失敗してしまえば、逆に費用や時間はかさみ、ましてやプロでも修復が困難で品物をダメにしてしまうことがあります。

ホームクリーニングの失敗

そもそも何をもって「失敗」とするのか「成功」とするのかは、人によっての価値基準に左右されますが、明らかな失敗(縮み、色が出るetc)は、おおむね次のようなケースが考えられます。

<<洗濯についての知識不足>>

衣服に縫い付けているケアラベルの見方を知らなかったり、使うべき洗剤を間違っていたり、洗濯機の扱い方を間違っていたりなど、ホームクリーニングにチャレンジする前に持ち合わせておくべき正しい知識が不足している場合。


<<衣服の多様化を無視してしまっている>>

ダウンジャケット、コート、スーツ、ニットなど品目のみに注力してしまっている場合。
ダウンジャケットでも、近年ではナイロン以外の生地を使ったものがあったり、ニットもデザイン上革が縫い付けてあったりなど、品目は同じでもデザインと素材などにより条件が異なっていることを無視してしまっている場合が挙げられます。

「失敗のリスク」をとるか「時間」と「安心」をとるか

大事にな衣服も節約を重視するあまりホームクリーニングを行ってしまうと、場合によっては失敗してしまい、精神的に大変なショックを受けかねません。
そうした意味でも、もしホームクリーニングを行うのであれば、出来るだけ万が一失敗しても良い衣服でチャレンジすることをお薦めします。

クリーニングで時間と安心を買う

ホームクリーニングは、手間で時間がかかるうえにリスクもあります。
ところが、クリーニング店に出してしまえば、自宅で洗って仕上げる時間の節約にもなり、また、失敗のリスクも抑えられます。

生活の中で様々なことに時間を取られ忙しい現代人にとって、洗たくにかける時間や品質をアウトソーシング(外注)することも、一つのライフスタイルとなりえます。


このページのキーワード。クリックして関連情報をチェック!
ケアラベル , コート , スーツ , ダウンジャケット , ニット , ホームクリーニング