平成23年度経営安定化対策委員会 報告書 | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

平成23年度経営安定化対策委員会 報告書

文字の大きさ


継ぎたい、継がせたい店舗にする~モデル店舗を通して売上UPのヒントをつかむ~

 現在、いかに後継者に事業を続けてもらうのかが、業界の大きな課題となってます。
そこで我々東京都クリーニング組合の経営安定化対策委員会ではこれから業界内で、各事業所が実際に何をしたら良いのかを明確に示すことが必要だという視点のもと、わかりやすい目標、具体的な「あるべき姿」のイメージを明確にすることで、具体的な行動に結び付けることができるのではないだろうかと考えました。 
 そこで、事業承継に必要な規模の売上を上げる店舗とはどういうものかを、目標とすべきモデル店舗(「あるべき姿」)として仮説立てをし、売上を上げるために必要な予算、店舗工場設備、店舗運営方法、販売促進方法などを検討し、モデル化したのが今回の報告内容です。

本来ではあれば、組合員に限定した情報として非公開とするところですが、業界発展の為に今回は、報告書を一般公開することになりました。

是非組合員、非組合員に関わらず、この報告書が積極的に活用されることを望みます。

※読み込みに時間が掛ります。

閲覧出来ない場合はココからダウンロードして下さい。