有名ブランド紳士コートについて | 東京都クリーニング生活衛生同業組合は最新のクリーニング技術やサービスを追求し、お客様に新たなサービス価値を提供します。

東京都クリーニング生活衛生同業組合の組合員専用サイト(ログイン)

有名ブランド紳士コートについて

文字の大きさ


mackintosh.jpg
タレントやスタイリスト、ファッションリーダーが愛用していたり、更にはファッション雑誌においても大きく採り上げられるなど、今やファッションを愛する人の多くを魅了する、某ブランドの紳士コートがあります。
「英国、スコットランド発」「ゴム引きクロス」「シルエット」といったキーワードを挙げれば、どこのブランドのコートなのかが、分かる方もいらっしゃるかもしれません。
この紳士コートの価格は高額ですが、そのデザインや質がファッション業界でも注目され、定番アイテムとして人気があるようです。しかし、「高品質」と言われるこのコートにも大きなデメリットがあることは、あまり注目されていないようです。
このページでは、スコットランド発のある有名ブランド紳士コートのデメリットについて紹介します。

”本物”や”高品質”の定義とは?

mackintosh3.jpg まず結論からお話すると、このページで取り上げる「スコットランド発の有名ブランドによるゴム引き紳士コート」は、洗濯機を使った洗濯が出来ません。 家庭用品品質表示法に従った縫い付けタグを見るとすぐに分かると思いますが、製造者は水洗いも出来なければ、ドライクリーニングも出来ないことを、伝えています。 しかしこの事実は、販売店によっては販売員が「この商品は洗えない」旨を消費者に口頭で伝えておらず、購入後に気付いたり、クリーニング店に持ち込んで断られた時に初めて消費者は気付くといったケースがあるようです。

このコートを取り巻くキーワードに、「本物」や「高品質」といった品質の良さを伝える言葉が多く用いられます。英国のスコットランドを発祥にした歴史あるブランドによるところや、職人による手造りによるものであることから、確かに「本物」や「高品質」をイメージさせます。しかし、この「本物」や「高品質」というイメージは、あくまでイメージであり、最終的に「本物である」ことや「高品質である」ことは、消費者自身が決めるものであるのではないでしょうか。我々消費者は、まずはそこを見誤ってはいけません。その為にも、商品の特徴を事前に知り得ることは知っておく必要があります。また、この紳士コートは一般的に高額である為、慎重に購入を決めることが尚更重要と言えます。

何故、有名なコートなのに洗えないのか?

部分的に糸で縫わずに、接着剤で貼り付けたコートである
このブランドのコートが洗えない理由は、部分的に生地が接着されて出来上がった製品であることです。つまり、部分的に糸で縫われておらず、接着剤で貼り付けただけで製品化された裏地の無いコートです。

主な接着部分は下記の通りです。裏地がないため、確認は簡単に出来ます

■衿(エリ)と身頃の接合部分
確認方法:コートを後ろにして、衿を立てると身頃との接合部分が分かります。

■ポケット
確認方法:コートの裏側を見てポケット部分を触ると糸で縫われていないのが、目で見て分かります。

■アームホール
確認方法:袖部分の中を見ると、糸の縫い代を隠すようにテープ状の生地が貼り付けてあるのが分かります。

■内側の背縫い
mackintosh2.jpg
確認方法:コートの裏側を見て、背中部分にあるはずの糸の縫い代を隠そうようにテープ状の生地が貼り付けてあるのが分かります。

接着には、熱などを加えて接着力を高めてはいるようですが、十分な接着力ではない為、着用時の体の動きでシワになったり、曲げられたりすると接着部分が自然にかつ無意識に段々と剥がれてきます。

接着仕立てが原因

まずドライクリーニングにより、接着剤が剥がれてしまう為、ドライクリーニングは厳禁と言えます。
また、水洗いであっても機械を用いた洗浄方法だと、剥がれかけていた部分が更に大きく剥がれるリスクがある為、注意深さを要します。
よって洗濯は、商品特性を熟知したクリーニング師のいるお店での手洗いがお薦めです。


英国と日本は、条件が違います!

そもそも、何故洗えないコートなんて商品があるのでしょうか?
それは、気候の違いが大きな要因かもしれません。英国では、日本ほど高温多湿ではないうえ、洗濯をしない衣服が文化の中で根付いています。
一方日本は、高温多湿であることや清潔好きも相まって、「衣服は洗濯出来て当たり前!」という考え方を持っているケースが多いのではないでしょうか。
このように、文化や気候の違いも意識することが大切です。

国民生活センターも注目

このコートにおけるクレームは意外に多く、国民生活センターにおいても消費者に注意を呼びかけています。
手洗いもドライも不可表示の有名ブランドのコート