文字の大きさ

クリーニング・フレンドシップ・サミット’07開催

「クリーニング・フレンドシップ・サミット’07神奈川」が7月7日に横浜市大さん橋ホールにて開催された。


昨年まで「全日本クリーニング関連業者大会・友の会」と「全国クリーニング青年会議」という名称であったが、今年より「クリーニング・フレンドシップ・サミット」に名称を変更。また今回は「生衛法施行50周年」そして「クリーニング発祥の地横浜」で開催という記念すべき大会。北は北海道、南は沖縄から関連業者が集まり、最終的な参加者数は871名にものぼった。中でも神奈川県からの参加者が400名を越すなど、組合の団結力および、多くの皆様に記念すべき大会であるという主旨をご理解頂けた結果となった。


クリーニング・フレンドシップサミット07
会場内の様子
クリーニングフレンドシップサミット07
青年部による研究発表
クリーニングフレンドシップサミット07
大会宣言
クリーニングフレンドシップサミット07
大会旗の引継ぎ

青山大会会長は開会式で、「クリーニング業発祥の地で大会を開催できることはこの上ない喜び。手もみ洗濯からボタンひとつの機械操作へと技術は大きく変わったが、『クリーニング』という原点は変わらない。三々五々散った業者とも今一度一つになり、難局を乗り越えたい」と力強く挨拶した。また、柳澤伯夫厚生労働大臣からも大会に寄せて祝辞が贈られた。

 大会では長崎県組合青年部、愛媛県・香川県組合青年部、神奈川県組合青年部によるクリーニングに関する研究発表、NHKエグゼクティブプロデューサー今井彰氏による特別記念講演が行われた。また大会後の懇親会では、横浜の美しい夜景と町田謙介カルテットによるジャズを楽しみながら参加者は親睦を深めた。
 来年は東京にて開催される。