文字の大きさ

rise_oil_postar.jpg
政府では、6月26日に「原油等高騰に関する緊急対策関係閣僚会議」を開き、その中でクリーニングを利用するお客さまに向けて、コスト上昇分の価格転嫁を行うことについての理解を求めるポスターを作成することを決定した。これを受け、所管の厚生労働省では啓蒙ポスター(現物はA2サイズ)を作成し、8月末より全国のクリーニング店(取次のみ含む・約15万ヶ所)へ配布を行っている。 

関連リンク
>>厚生労働省プレスリリース


石油依存産業ゆえの葛藤

クリーニング業は、ドライ溶剤、洗剤、ハンガー、ポリ包装材、ボイラー燃料、集配車の燃料など、営業に必要なほぼ全ての原材料が石油に関連している業種である。  この未曾有の原油価格高騰のなか、中小零細企業が多く、また生活密着産業であることから、価格転嫁に踏み切れずにいる店も多い。

自民党がクリーニング店視察を行う

rise_oil_cheack.jpg 各店でエネルギーの節約やリサイクル等につとめているがもはや自助努力では対応できない状況にあり、今年の2月25日には自民党視察団によるクリーニング店視察が行われるなど、マスコミでも多く取り上げられてきたところである。

関連リンク
>>自民党による視察
※全ク連のホームページへジャンプします。

国民に十分な衛生面を維持する為に


 本業の社会的使命である公衆衛生を維持し、安定したサービスを利用者の皆様にお届けするためにも、ご覧の皆様にもぜひご理解いただけますよう、お願い申し上げます。